便利な暮らしを考えるとゾッとする

*テツヒサ情報局 2020年3月23日(月)   晴れ
連休明けの月曜日
AC529E41-9536-485E-AAB4-5FBCB4E51282

 

さぞかし通勤するビジネスパーソンが多いかと思いきや街中は閑散としている状況が続いています。私は開催する電磁波測定士資格取得講座のため神戸市内へ。神戸市内のオフィス街も閑散としていてホワイトカラーが減ったと称される現実を見たような気がしました。在宅ワークの方も多いでしょうし商談やMTGなどはネット会議に変わっていると思われますがパンデミック騒動を機に根本的に働き方が見直されるのではないかと思う程です。
講座通常開催
今日は毎月開催している一般社団法人日本電磁波協会の電磁波測定士資格取得講座でした。この社会情勢の中で開催するのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、多くても受講者は10名程ですし今日は3名ということもあり出来る限りの予防措置を行い通常開催する運びとなりました。イベント自粛要請が解除されることを願いますが、中止を検討する程受講者が増えることも併せて願っております。(笑)

 

780B0068-0711-4E67-9E8A-8469E38DA03F
様々な立場
電磁波測定士資格とは一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)が認定を行う民間資格です。私の様にこの資格をフル活用している人間もいれば本業のプラスαとして活用している方もいらっしゃいます。殆どが後者となる訳ですが様々な立場の方がいらっしゃいます。本日ご参加頂いた方々は主婦(女性)、医療関係者(男性)、建築関係者(女性)でした。通常では出会うことの少ない職業のかたと出会い講座の受講動機などを伺っていると私にとっても大きなヒントがありますし、参加者の皆さんに私の経験した事例をお話することでご自身のイメージを膨らませたり修正したりが出来ると思っています。
共通点
立場の違いはありますが皆さんの共通点は「現代社会の中に潜む電磁波の影響」についての懸念です。講座内容が電磁波についての全てでもありませんが基本的な部分と私達が実測経験に基づきデータ化して導き出したデータと対策法、臨床をまとめたものですので一般の方がネット上にあふれる情報とは違いがあり受講者の方からはモヤモヤがスッキリしたなどの声を頂くことが多い理由もそれだと思っています。
ゾッとする現代社会
今回の新型コロナウイルス騒動と過去のサーズやマーズといったウイルスによる騒動を比較するとネットの普及があげられます。もっと言えばスマホの普及です。多数の不特定な情報が広がり不安が増大したと言ってもいいと思います。スマホやタブレットが生活に溶け込み便利な世の中になったお蔭でテレワークやweb会議が可能になったのでメリットが多いことも承知のうえで、暮らしを振り返ってみるとゾッとすることも多いと思います。電気に囲まれた生活(電磁波増)にはじまり、昔では猫の手でも借りたいと言っていたことが自動化によって猫の手は必要なくなり自分自身も動かずに済むことが増えました。
退化しない?
例えば皿洗いは食洗器、例えば掃除はお掃除ロボット、照明スイッチはセンサーで自動、玄関のカギは車の様にキーレス、トイレの水も蓋も自動、お風呂も自動、カーテンやシャッターも自動と挙げるときりがない程自動化が進んでいます。そこには電気と電磁波が必ず介在していることも私としてはゾッとしますが、何よりも我々人間がやることが少なくなっていること。忙しい現代人は自動化により時間短縮が出来てゆとりある生活が送れるとメリットが大きい様に報じますが実際の所どうでしょうか。時短できたにせよ時間を有効活用できて暮らしは豊かになっているのでしょうか。それはさておき、人間がすべきことを自動化することで何もしなくなる=退化していくような気がしてゾッとしています。時代の変化や技術進化のスピードが速いので人間の方が対応できなくなっているのではないか。今後はさらに加速するのではないかとゾッとするのです。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3674~