甘く見るべからず

*テツヒサ情報局 2020年3月30日(月)   くもり
喜劇王逝く
朝から大阪方面へ移動中に妻から訃報が飛び込んできました。コメディアンの志村けん氏が新型コロナウィルス感染による肺炎でなくなったと。元気に戻って来てくれると疑わなかったので大きなショックを受けました。世代を超えて愛された数々のキャラクターと共に家族団欒の記憶が走馬灯のように浮かびました。ご冥福をお祈りします!
甘く見るべからず@コロナ編
新型コロナウィルス騒動が始まって以来約2ヶ月が経過しました。日本国内では爆発的な感染が起こっていない(起こっているかも)ことや重篤な症状に陥るケースが少ない、若者は大丈夫、など気が緩んで来ている時期。しかし今回の志村さんの死は感染してから死に至る時間の早さや基礎疾患がなくても死に至ることを改めて教えてくれたと思います。
毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザはワクチンや薬があること、ある程度詳細な情報があるということで年間数千人が亡くなっていたとしても世間には許容されています。インフルエンザと比較して死亡率が低いから騒がなくても良いという話もありますが、新型コロナウィルスについては明らかになっていないことも多く感染率が高いことを考えれば一旦強い封じ込めが必要だと思います。マスク不足や消毒液不足という物資不足よりも安易な考えが蔓延する方がリスクが高いと思います。今一度気を引き締めて拡散を防ぎたいものです。
甘く見るべからず@現場編
今日は先日和歌山市内にて施工説明を行った断熱リノベーション工事中の現場へ。電磁波対策オールアースの中間検査でした。専用部材の施工後に電気屋さんにアースを接続して頂いた後に検査を行います。アースの効き(接地抵抗値)が下がらず長い(1200mm)のアース棒を再度打設して頂きチェックを行いました。床下収納庫を取り外しそこから地面にアース棒を打ち込むということで限られたスペースで工具もなく普通の金づちでひたすら叩き込む。電気屋さんに変わり工務店の社長が出路が大工という腕を存分に披露されていました。おそらく明日は腕がパンパンになられていることでしょう。その甲斐あって無事に検査を終えることが出来ました。ありがとうございました。この中間検査がオールアース工法では重要なポイントなので甘く見るべからずです。

 

1F603CFD-B69F-41C5-AD38-163802773361
繋いで頂くご縁
今日も電気屋さんに工事を行って頂く傍ら電磁波談義に花を咲かせました。スタッフさんや協力業者さん達にも知ってもらいたいと現場で話をすること2時間以上。前回訪問した時と同じような展開になりましたがお忙しい皆さんにはご迷惑になったのではないかと自省しているところです。更に大工修業時代の兄弟子で現在は別の建築会社を営むI社長にもお声がけ頂いていたそうでお話をする機会を頂きました。このようにご縁を繋いで下さる方のお蔭様で生かされていると改めて噛みしめながら帰路に付きました。

 

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3681~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です