在宅率が上がる未来

*テツヒサ情報局 2020年4月2日(木)   くもり一時雨

 

95E210B7-1198-4EDE-9B1F-84984E67EECF
久しぶりの睡眠
いつも睡眠環境について提案をしている私が最近眠らない状況になっておりまして…時間も質問低下していたのでキツい状態でした。これも新型コロナウィルスの影響の一つと思いますが潜在的なストレスと言えるかもしれません。昨夜は朝活&夜活(両方webですが)のお陰なのかぐっすりと眠ることが出来ました。
更に延期?
大阪府は府立学校の休校措置をゴールデンウィーク明けまで延長すると発表しました。それを受け兵庫県内の学校も検討しているそうで、我家の子供達が通う学校も検討中との連絡が入っています。
三蜜回避
予防策としては生徒同士の距離や登校時間の振り分け、教室内の換気として三蜜を回避するとのこと。日に日に予防意識が高まる中でも感染拡大は広がり続けています。アマゾンの先住民にまで感染者が出たニュースを見ると三蜜回避の予防も効果が高いとは思えないのです。若年層の重症化も考えられるとするならば学習の一時的な遅れを考慮しても休校を延期して子供たちを守りたいと思うわけです。
入学準備
長女の中学入学が近づき入学前の新入生セミナーといよいよ中学校生活がスタートの雰囲気が出て来ました。入学式や授業開始についてはイレギュラーになると思いますが楽しく元気に過ごしてくれたらと思います。妹、弟にとってはお姉ちゃんがいない小学校生活のスタート。色んな意味で新生活がスタートする今春です。
タブレット学習
中学生はタブレットでの学習が増えるようで新入生セミナーで設定を完了させるとのこと。今後に備えるという訳ですがくしくも通常のように登校できるのかハッキリしていないので入学早々に自宅でのタブレット学習になるかも。教育現場にも改革が進むキッカケになるのかもしれません。
在宅率が上がる
在宅ワークや在宅学習が今後増加していくことを予想すると快適な空間が必要で、在宅率が上がればストラスによるイライラが蓄積するかもしれません。今日兵庫県三田市に完成した木と漆喰と電磁波対策と薪ストーブの家は自然に近い環境が実現されており家で過ごすことが楽しみになるような、家が安らぎの場所になるはずです。
昨今の騒動以前から家族が安らげる建築地に建築物を建てたいとお考えになったお施主様のお役に立つことが出来て嬉しく思います。

 

216D0A6C-AB99-483F-9DB5-3B313F863A93

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3684~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です